ベビーソープ【ママ友の口コミ】人気お勧めランキングはコチラです。

おすすめランキング1位の【ベビーソープ】はコチラ!

こんにちは、わたくし横山と申します。

このサイトにいらっしゃった人は、これから赤ちゃんが産まれる、という人でしょう。

家での初めての沐浴…、赤ちゃんが産まれる前では、全然よくわからないですよね。

今回は、そんな新ママたちに、赤ちゃんの沐浴時におすすめな【ベビーソープ】のおすすめ人気ランキングを紹介したいと思います。

産まれたての何も知らない赤ちゃんに、安全で安心なものを選びたいですよね。

【ベビーソープ】で後悔しないためにも、どうぞ最後までお付き合い下さい。

ベビーソープとは?

赤ちゃんの肌は、皮脂の分泌が少なくて乾燥しやすい、という非常に繊細な状態。

また、大人に比べて皮膚が薄く、ちょっとの刺激にも敏感です。

大人が使うような石鹸では肌がダメージを受けてしまう可能性があります。

そんな赤ちゃんのデリケートな肌に合わせて作られたのが『ベビーソープ』なんです。

赤ちゃんの肌の厚みは大人の約3分の1と言われています。

ベビーソープは、天然成分で作られていたり刺激が少なかったり、赤ちゃんに安心して使えるように作られてます。

乾燥しやすい赤ちゃんの肌のため、保湿成分が含まれているものも多いです。


■ベビーゾープの種類

液体石鹸

シャンプーのようなポンプ式のもの。

固形石鹸より、体に馴染ませやすいです。

簡単に出せるため、必要以上に皮脂を洗ってしまわないように気を付けましょう。

出しやすいため、使いすぎて過剰に皮脂を洗ってしまわないよう注意。


固形石鹸

ネットを使えばしっかりとフワフワな泡を作れるので、赤ちゃんの肌をより優しく洗うことができます。

液体石鹸に比べてコスパも優れているのがGOOD。

泡を立てるのに多少なりとも時間がかかるため、その間に赤ちゃんが冷えないよう気を付けましょう。


泡石鹸

液体石鹸と同じようなポンプ式で、プッシュすると泡になって出てくるものです。

片手でプッシュすればすぐ使える状態で泡が出てくるため、赤ちゃんの体を支えながらでも使いやすいです。


■ベビーゾープの選びかた

赤ちゃんの体を安心して洗うために、ベビーゾープの選びかたについてみていきましょう。

まずは、含まれている成分をしっかりと確認すること。

デリケートな赤ちゃんの肌に直接ふれるものなので、肌の刺激になるような、余計な成分が入っていないかを確認した上で選ぶようにしましょう。

無添加でも天然成分でも、アレルギーなどの関係で刺激になってしまう場合もあるため、その点も事前にチェックが必須です。

使い始めは、最初にママが使用してみて、刺激がないかを確認してから使うようにしましょう。


また、大人でも石鹸は目に入るとしみて痛いですよね。

産まれたての赤ちゃんが、そんなことを経験したら、それが記憶に残り、お風呂が嫌いになる原因にもなりかねません。

どんなに注意していても、赤ちゃんはお風呂のことなど全然わからないですから、終始じっとしていることは難しいでしょうし、どうしても泡が目についてしまうことがあります。

ベビーソープの場合、そのようなことを踏まえて、目にしみにくく作られているものがあります。

【目にしみにくい】と表記があるので、そこも必ずチェックするようにしましょう。


次に、石鹸のタイプです。

おすすめはダントツで泡石鹸。

液体石鹸や固形石鹸に比べると価格帯はあがりますが、そのぶんメリットが多いです。

・泡になって出てくるため赤ちゃんを洗う際に手間を取らない!

・泡立てる時間を短縮できるため、冷えやすいお風呂場で赤ちゃんが冷えてしまうのを防げる

・泡立てることにより成分が薄まり、液体・固形より肌荒れが起きにくい


さらに、石鹸の匂いもポイント。

私のママ友たちも同じことを言っていましたが、産まれたばかりの赤ちゃんは、特有の『いい香り』を放っています。

それを消してしまうような石鹸は避けたいですよね。

そのため「無香料」も、ベビーソープを選ぶ際に重要なポイントになります。


あとはやはり、口コミを見て実際に使ってみた人の感想や使用感を確認するのも大事。

長い目で考えると、産まれたばかりの赤ちゃんには、値段が少し高くなっても、口コミで評判が高いなど、いいものをセレクトしたほうがいいです。

ここから、ママの間の口コミでおすすめなベビーソープをランキング形式で紹介していきますね。

★おすすめ度 第1位★

【Dolci Bolle/ドルチボーレ ベビーソープ】
価格:3,200(税抜)

私も、赤ちゃんの沐浴に悩んでいたときに、ママ友から最初におすすめされたのが、このドルチボーレのベビーソープでした。

まだ成長しきっていない皮膚で身体を守っている赤ちゃんにとって、それを清潔に保つために、ベビーソープは重要な役割を持っています。

赤ちゃんの肌はとってもデリケートで、身体は小さいけれど汗腺の数は大人と変わらないので、大量の汗をかきます。

この大量の汗が、あせもやかゆみの原因となっているのです。

そして、赤ちゃんの肌はまだ皮脂成分が少なく乾燥肌になりがちで、かゆみも起こしやすいです。

つまり、大量の汗をしっかりと洗い流してあげながらも、少ない皮脂を保ったり、保湿成分をプラスしてあげるようなベビーソープでなければ、赤ちゃんの肌にとっては良いものとは言えません。

価格がちょっと高いですが、私たちママ友の間で最も人気なのが、無添加ベビーソープの「ドルチボーレ」なんです。


「ドルチボーレ」のベビーソープをおすすめする理由は大きく5つあります。


■ポイント1

九州佐賀県の背振山で採水された非加熱の天然水を100%使用していることです。

天然自然由来なので、赤ちゃんの肌に優しいのは当然ですよね。


■ポイント2

ドルチボーレのベビーソープには、赤ちゃんの肌を調えるために必要な『珪素(けいそ)』というミネラル成分を配合されています。

デリケートな肌の赤ちゃんでも、優しく健やかな状態を維持することができるのです。


■ポイント3

ヒアルロン酸に似たお米由来の『コメヌカスフィンゴ糖脂質』という成分がドルチボーレのベビーソープには配合されていて、保湿成分を赤ちゃんの肌にしっかりと浸透させられます。


■ポイント4

ドルチボーレのベビーソープには、余分な成分を配合していません。

これは一見、何もしていないように思われがちですが、普通の石鹸や化粧品では保存料が使われていることが多いなか、ドルチボーレには一切配合されていません。

なぜなら、デリケートな赤ちゃんの肌には、できるだけ余分な成分を与えず、最低限必要な成分だけをしっかり浸透させることが重要だからです。


■ポイント5

ドルチボーレのベビーソープは無添加。

これも、最近の敏感肌向けの石鹸や化粧品には多いですが、ドルチボーレでは徹底的に無添加にこだわっています。

【無香料・無着色・鉱物油無添加・パラペン無添加・旧表示成分無添加・アルコールエタノール無添加・石油系界面活性剤無添加・ノンシリコン・フェノキシエタノール無添加】といった徹底ぶりです。

このほかにも、赤ちゃんのためだけでなく、使う人にとっても優しいベビー用ソープに仕上げています。

さらに、固形ではなく泡で出るので使いやすく、水で流すだけでしっかりと落ちる泡切れの良さで、赤ちゃんの身体にすすぎ残しがないかの心配もいりません。

じっとしていない赤ちゃん相手でも、扱いやすい仕様になっています。

このように、ドルチボーレのベビーソープは、多方面からみてもメリットのほうが大きい製品です。

とにかく赤ちゃんのことを考え、パラベンフリーで香料や着色料・鉱物油も無添加と、低刺激を追求しています。

とっても繊細な赤ちゃんのお肌に潤いを残しながら、全身を優しく洗い上げてくれるんです♪


実際のところ、ベビーソープって使い比べてみてもわからない…。

でも、悪い症状が出てからは遅いんですね。

それだったら、少し高価ですが小さいうちの短期間ですので、最初から評判のいい確かな品質の【Dolci Bolle(ドルチボーレ)ベビーソープ】を試してみるのが、イチバン安心です♪

公式サイト

【Dolci Bolle/ドルチボーレ ベビーソープ】

★おすすめ度 第2位★

【アラウ/arau. ベビー泡全身ソープ】
価格:800円(税抜)

一番のおすすめはドルチボーレのベビーソープですが、いささか値段が高い。

そう感じるママに、次におすすめなのが、この『アウラ』のベビーソープです。

アラウ(arau.)シリーズは『無添加せっけん』をコンセプトとしたサラヤのシリーズ。

サラヤといえば『ヤシノミ洗剤』が有名ですよね。

そんなアラウのベビー泡全身ソープは、無添加にこだわり、皮膚への刺激テストで安全性もチェック済。

いくらテスト済みとはいっても、すべての人に刺激がおきないというわけではありませんので、赤ちゃんの反応を見ながら使用して下さいね。

公式サイト

【アラウ/arau. ベビー泡全身ソープ】

★おすすめ度 第3位★

【ミヨシ 無添加 泡で出てくるベビーせっけん】
価格:540円(税込)

1921年(大正10年)に創業した老舗の石鹸メーカー、「せっけんのミヨシ」のベビーのための石鹸。

「せっけんのミヨシ」…、皆さんはそんなにお馴染みではないかも?

そんなに大きな会社でないので、スーパーやホームセンターではなかなか見かけないと思います。

でも、私たちママ友の間では有名で、価格も比較的に安く、余分なものが入っていない無添加なので、安心して赤ちゃんに使うことができます。

ただ、ちょっと目にしみる可能性もあるので、少し大きくなってから使うほうがいいかもしれません。

公式サイト

【ミヨシ 無添加 泡で出てくるベビーせっけん】

★おすすめ度 第4位★

【キューピー 全身ベビーソープ(泡タイプ)】
価格:578円(税込)

最後に紹介するのが、スーパーやドラッグストアなどで比較的に手に入れやすい『キューピー 全身ベビーソープ泡タイプ』です。

もちろん、こちらも泡立て不要の便利な泡タイプ。

成分説明には【低刺激・弱酸性・無着色・無香料】と書かれてますが、添加物は入ってしまっているようです。

しかし、目にしみにくいのがいいところです。

完全に無添加ではないため、こちらもちょっと成長してから使うのがいいでしょう。

公式サイト

【キューピー 全身ベビーソープ(泡タイプ)】

はじめてのママにおすすめ【ベビーソープ】まとめ

私は、赤ちゃんの様子をみながら、紹介した全部の製品を試してみたのですが、その結果、やはり良かったのは『ドルチボーレのベビーソープ』でしたよ。

泡石鹸なので、赤ちゃんを支えたまま使いやすいのが嬉しかったです。

また、なにより洗い上がりの赤ちゃんの肌の触り心地が違い、赤ちゃんもお風呂のあとはすごく嬉しそうだったのが記憶に残っています。

赤ちゃんの沐浴に悩まれているママ、これからママになる人は、ぜひドルチボーレのベビーソープで、赤ちゃんとのバスタイムを楽しんでくださいね♪


■LINK■