【www.ベビーソープランキング.com】運営者情報

※今回のこのサイト『 ベビーソープ【ママ友の口コミ】人気お勧めランキングはコチラです。』の記事内容に関しては、あくまで私と私ののママ友たちとの見解です。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

ところで、さいたま市は今年3月に父子手帳を全面改訂しました。

全36ページの冊子には「夜中でも3時間おきに授乳があったので、眠い目をこすってミルクを作り、哺乳瓶の消毒をした」「赤ちゃんは泣くものだということを受け入れるのに、妻のほうが時間がかかった」など先輩パパの体験談をふんだんに盛り込みました。

子育て支援課は「育児の大変さや戸惑いは、男性の皆が経験する道なんだと示したかった」と話します。

「夫の『育児を手伝う』という言葉は、妻にすれば当事者意識が乏しいと感じる。育児の全体像をイメージして、互いに何ができるかを話し合う材料にしてほしい」。

冊子製作に協力した子育てパパ団体「さいパパ」代表の紅谷弘二さん(45)はそう語りました。

2児の父の実感として「週末イベント気分で育児をするパパはイクメンではなくイタメン(痛い男)」と笑います。

今年6月に改訂した兵庫県西宮市の父子手帳には「お母さんと赤ちゃんの24時間」という見開きページがあります。

産後直後の妻が朝から深夜まで、授乳やおむつ交換、散歩、家事にいかに時間を取られているかを昼間は家にいない夫に想像してもらう内容になっています。

市の子育て総合センターは「妻は夫に『頑張ってるんだな』と共感してほしい・・・・・・

相互理解があってこそ育児を担える」という思いを込めたのです。

「育児は楽しいことばかりではなく、かっこよくもない。夫婦が協力してかけがえのない家族を作っていく作業」。

NPO法人ファザーリング・ジャパン(FJ、東京・千代田)事務局長で3児の父の徳倉康之さん(34)は話します。

FJが昨年10月に出版した「新しいパパの教科書」では、子育ての基礎知識の前に夫婦のパートナーシップの重要性を説く構成にしました。

「仕事が多忙で家事ができない、育児休暇が取れない男性も多い。それならどんなやり方があるか、十人十色のやり方を共に考えることが大切」と訴えます。

全国の父親団体に所属する男性を対象にしたFJの調査によると、92%が「イクメンと呼ばれたことがある」と回答。

そのうちの28%は「イクメンと呼ばれるのは嫌い」で「好き」(23%)を上回ったそうです。

父親の育児が特別なこととして注目されたイクメンブームだが、当たり前の日常になるにつれて、その意味は自然と変わっていくのでしょうね!

【www.ベビーソープランキング.com】運営者:倖々奈ママ
E-mail:news1962online★yahoo.co.jp
※最近迷惑メールが多いので★を@の小文字に変更して下さい
住所:東京都世田谷区

ベビーソープ【ママ友の口コミ】人気お勧めランキングはコチラですのトップページへ