おすすめベビーソープを使うメリットとは?


      

肌が薄く保護力のあまりないベビー専用に作られたベビーソープは低刺激性が特徴です。

洗浄力は比較的弱めで目にもしみないようにできているので必要な皮脂まで落としすぎず、洗った後も肌の潤いを奪いすぎません。

このベビーソープはデリケートな肌に悩む大人でも使用が可能です。


ベビーソープは赤ちゃんの肌にあわせて弱酸性から弱アルカリ性に調整してあることがほとんどで、そのため洗った後の肌はしっとりと整います。

高機能の美容成分などは含まれていないものの肌のバリア機能を壊さない事に重点をおいてあるので、ニキビなど皮脂が毛穴に詰まりがちな肌質には向きませんが敏感肌や乾燥肌にはおすすめです。

お湯を使用しても通常の洗顔料のように肌がつっぱるようなこともなく穏やかな使いごこちで、きちんと汚れは落としながら肌を弱らせるようなことがないので安心して使用できます。

界面活性剤が入っていないものであれば、一日に何回も洗うような場合でも乾燥しすぎることはありません。

泡切れがいいので不要な成分が肌に残って刺激になる事もなく、かゆみなどを抑えるのにも有効です。

顔や全身、ベビーソープによっては髪まで一本で洗えるのでコストパフォーマンスが高いのもメリットのひとつといえます。


固形石鹸やボディソープなどタイプは様々ですが、基本的に違うのは洗浄成分による使用感なのでさっぱりしたいのであれば石鹸系、保湿を重視するのであれば有効成分が多く配合できる液体状のものがおすすめです。

特に敏感な場合や、激しい日焼け後などには、アミノ酸系の洗浄成分を選択した方が、より肌に負担をかけずにすむので、おすすめです。

アトピーなどの場合は、専用のベビーソープも市販されています。

初めから泡で出てくる、ボトルに入っているものもあり便利です。

使用前に水かお湯で肌は濡らしておき、ソープのすべりをよくしておくことが大切です。

また低刺激処方だからといってごしごしこすらず、たっぷりと泡をたてて摩擦にならないように洗うのは成人用でもベビーソープでも同じです。

汗をかく季節でもベビーソープで2度あらいをすれば汚れはきちんと落とせます。

すすぎは流水で十分に行いましょう。

ベビー用のものは肌への刺激にならないよう人工香料や保存料も最小限にしてあるので、この点でも肌に優しい処方になっていますが、劣化による品質変化を防ぐために高温多湿の場所での保管は避け、消費期限内には使い切った方が品質的には無難です。


私達ママ友の間で一番のおすすめが無添加の『Dolci Bolle ドルチボーレ』♪♪

赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》はコチラ

ベビーソープ【ママ友の口コミ】人気お勧めランキングはコチラですのトップページへ